So-net無料ブログ作成

2011-02-08

なのはIF、エピローグについての裏話です。

エピローグの最後、リンディに念話で「リンディ・・・」と話しかけたのは誰なの?という質問をいただいたので、まあ、これだけ時間経ってるし、他にも同じ疑問の方が居るかもしれないし、説明しちゃっても良いかなー?と。

そんな蛇足は要らない、って方は飛ばしちゃってください。











まず答えから。
リンディに念話を飛ばしたのはリニスです。

エピローグで描かなければいけなかった重要な事は2つあって、一つはフェイト自身の意思でリンディ達にプレシアを紹介しようとしている事。
もう一つが、プレシアの前でフェイトが自然にリンディを「母さん」と呼んでいる事です。

この場面、帰宅したフェイトを迎える可能性があるのがリンディだけじゃないんですよね。
それにハラオウン家の家長であるリンディよりもエイミィあたりが玄関を開ける可能性が高いです。

なのでリニスが予め、リンディとフェイトが顔を会わせる場を用意したというのが正解です。それにリンディが乗った形ですね。

実際にクロノやエイミィが玄関に向かおうとしてますので、リニスのファインプレーだったと思います。
フェイトがチャイムを鳴らす、という不自然も、一度やってるのでエイミィに予測されてますしね。

クロノやエイミィがリンディと一緒に玄関に出てこないのも、リンディがリニスの意図を察して2人を止めたからです。

結果、2つの重要事項を無事に描くことができました。
リンディを母さんと呼ぶフェイトを影から見たプレシアは笑顔だったと思います。


念話に関しては、IFの中でリンディを「リンディ」と呼び捨てにするのはリニスだけなので、そこで気が付く人は気が付いたと思います。

蛇足の蛇足で、アルフはなのはを高町家まで送っていってます。なので、なのはだけではなくアルフも最後のページに居ません。

エピローグに関してはこれくらいでしょうか・・・他、なにかあるかな。


リニスはIFにおいては全体を動かしている最重要人物です。
リインフォースの八神家復帰、フェイトとプレシアの再会、どちらもリニスあってこそです。
さすが大魔導師プレシアの使い魔。よくできておりますな!(爆
コメント(1) 

コメント 1

ゲスト

田村ゆかりゆかりと言えば、もえたんや今年で放送35周年をむかえる
スーパー戦隊シリーズ!!いつも見ています。
余談だが、個人的には、バクマンや某三国伝シリーズにも出演して欲しかった。後、釘宮理恵と言えばドラクラやイナイレでも有名だが、
龍が如くシリーズにも出てましたね…。
話は変わりますが、今度絵を描く時はなのちゃんやフェイトの(15)歳バージョン。しかもバニー姿が見て見たいです。
by ゲスト (2011-02-13 20:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。